誘電体共振器法による誘電率測定


導体板に試料を挟んで誘電体共振器を構成
ネットワークアナライザタイプのみご提供

特 長

  • 高誘電率で低損失な誘電体に対して高精度な誘電率測定が可能です(JIS R1627規格準拠、国際規格IEC 61338-1-3 準拠)。
  • 2枚の導体平板で上下から誘電体円柱試料をはさみ、誘電体共振器を構成します。2種類の参照材料で、導体板の導電率(導体板のもつ損失値)を測定し、校正を行います。
  • 付属のソフトウェアにより、導体板の導電率、試料の誘電率、誘電損失を計算します。
  • 共振ピークを簡単に見つけるための補助機能として、共振周波数推定機能が付いています。
  • 設定温度での試料の誘電率と誘電損失が計算できます。また共振周波数での温度係数による誘電率と誘電損失も計算できます。

仕 様

(暫定値)

測定周波数20GHz以下
測定範囲比誘電率:5~200 tanδ:0.00001~0.001
測定精度比誘電率:±1%  tanδ:±5%
サンプルの形式円柱
条件 ネットワークアナライザが必要
誘電損失がおよそ0.001以下の低損失な材料

装置の概要について

Q1. 「誘電体共振器法誘電率測定装置」とはどのようなものですか?また装置の構成を教えてください。

Q2. 「誘電体共振器法誘電率測定装置」の測定原理とはどのようなものですか?

Q3. 「誘電体共振器法誘電率測定装置」は、どのようにして使用するのですか?

Q4. 温度に依存した誘電率と誘電損失を測定できますか?

Q5. 測定治具について教えてください。またどのような測定物が測定できますか?

Q6. 参照材料について教えてください。

Q7. 測定の精度はどのくらいですか?

サンプルの測定について

Q1. サンプルの条件はどのようなものですか?

Q2. 測定できる誘電率特性の限界はどの程度ですか?

Q3. サンプルの測定を依頼することはできますか?

装置のオプションについて

Q1. 誘電体共振器法誘電率想定装置はネットワークアナライザタイプのみですか?またどのタイプのネットワークアナライザに対応していますか?

関連製品