CST Studio Suite Tech Seminar

2022年6月30日(木) 13:00 ~ 17:00

オンライン・オンサイトのハイブリッド形式
オンサイト会場:赤坂インターシティコンファレンス 4F

この度、オンライン・オンサイトのハイブリッド形式による「CST Studio Suite Tech Seminar」を開催する運びとなりました。

解析実務を担われる皆様におかれましては、ステークホルダーからのより高い要求へ応えるため、日々、努力を重ねられていることと思います。
本イベントでは、CST Studio Suiteを使用する上で、お役立ていただけそうな機能や使い方、活用事例を厳選してお伝えいたします。皆様の日々の業務におけるヒントとなることを願っております。

開催日
2022年6月30日(木)13:00~17:00
開場:11:00  受付開始:12:00
開催方法
オンライン・オンサイトのハイブリッド形式
オンサイト会場には、ポスターセッション、商談ルームを設置しております。
オンサイト会場
赤坂インターシティコンファレンス 4F »交通アクセス
参加費
無料(事前申し込み制) 
オンサイトにつきましては、各トラック50名ずつのお席をご用意しております。
トラック間の行き来は可能ですが、感染症対策の観点から、どちらかの講演の聴講希望者数が極端にオーバーする場合は、ご希望の講演をご聴講いただけない可能性もございます。
お申し込みは、6/29(水) 18:00に締め切らせていただきます。
お申し込み方法
AETのホームページより
お問い合わせ
UGM(CST Tech Seminar)担当  E-mail:aetevent@aetjapan.com TEL:044-980-0505
※CST Studio Suiteをお使いのユーザー様、導入を検討されているお客様のみご参加いただけます。
同業他社様などのご参加はご遠慮くださいますようお願いいたします。
プログラム
ツールトラック アプリケーショントラック
13:00-13:10 開催のご挨拶
13:10-13:20 CSTからのメッセージ
13:20-13:50 「CloudコンピューティングとAETサポートシステムのご紹介」
株式会社エーイーティー  大舘 康彦
「CSTが提供するSI系ソリューション
 ~機能アップデートのご案内~」

株式会社エーイーティー  上田 千寿
13:50-14:20 「CST Studio Suiteの熱解析のご紹介」
株式会社エーイーティー  加藤 光生
「Massive MIMO 設計効率化のための CST ソリューションのご紹介」
株式会社エーイーティー  鈴木 翔太
14:20-14:40 休憩
14:40-15:10 「Partial RLC Solver の機能詳細とその活用事例」
株式会社エーイーティー  藤森 三志朗
「5G機器の動作環境下での信頼性確保
 ~5G基地局のアレーアンテナに対する熱対策について~」

ダッソー・システムズ株式会社  長江 セコウ 様
15:10-15:40 「FAQ & Tips
 ~よくあるご質問とシミュレーションのヒント~」

株式会社エーイーティー  田中 淳一
「CISPR25に基づくEMIシミュレーション
 ~モーターインバーターとケーブルモデリングのTips~」

株式会社エーイーティー  林 鮎子
15:40-16:10 「基礎から学ぶAsymptotic solver」
株式会社エーイーティー  野田 智博
「解析をサポートするツールのご紹介
 ~モデル修正と最適化解析~」

ダッソー・システムズ株式会社  谷津倉 圭 様
ダッソー・システムズ株式会社  大森 寛康 様
16:10-16:15 閉会のご挨拶
※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。
講演概要
ツールトラック
「CloudコンピューティングとAETサポートシステムのご紹介」
CSTの解析をダッソー・システムズ社のCloud環境で実行する新たなサービスが始まりました。 本講演ではCloudシミュレーションの概要や料金体系をご紹介いたします。
また、AETのサポート体制や提供しているサポートサービスの概要も併せてご案内いたします。
「CST Studio Suiteの熱解析のご紹介」
CSTには既存機能として3つの熱解析ソルバーが備わっております。
本講演ではCSTでどのような熱解析が行えるのか、扱える熱源の種類や材質の設定方法など、シミュレーションに必要な基礎的な内容についてご紹介いたします。
「Partial RLC Solver の機能詳細とその活用事例」
RLC Solver は ver 2020 から加わったソルバーで、部分インダクタンス・部分抵抗・部分キャパシタンス等の等価回路パラメータを抽出することができます。
本講演では機能の概要およびソルバーの設定項目を網羅的にご紹介した後に、モーターインバータの伝導性ノイズを例に、実測と抽出した等価回路を使用した回路シミュレーションの結果を比較検討します。
「FAQ & Tips
 ~よくあるご質問とシミュレーションのヒント~」
AETの技術サポートに日々寄せられる様々なお問い合わせの中から、よくあるご質問(FAQ)やシミュレーションのヒント(Tips)につきまして、特に多くのユーザー様より頂戴するものを幾つか選び、ご紹介いたします。 また、サポートサイトのナレッジベース内に関連項目がある場合は、そのアクセス方法もご案内いたします。
「基礎から学ぶAsymptotic solver」
Asymptotic solver(A-solver)はレイトレース法(SBR法)に基づく周波数領域のソルバーです。
A-solverは、他ソルバーでは解析が難しいような電気的サイズが大きなモデルを非常に高速に解くことができる反面、厳密解を求める手法ではない点に注意が必要です。
本講演では、A-solverの理論的背景である幾何光学や物理光学について概説したのちに、解析例をいくつかご紹介いたします。
アプリケーショントラック
「CSTが提供するSI系ソリューション
 ~機能アップデートのご案内~」
高速ディジタル信号の伝送品質(Signal Integrity)シミュレーション機能の更新情報をご案内いたします。 SPICEのマクロモデル生成ツール(IdEM)、IBIS AMI ワークフロー、DDR4シミュレーションワークフロー、アイダイアグラムプロットのポスト処理など、それぞれの機能をご紹介いたします。
「Massive MIMO 設計効率化のための CST ソリューションのご紹介」
5G 通信の要素技術の一つに Massive MIMO がございます。
これはアレイアンテナで構成され、ビームフォーミングにより電波強度を高めるなどし、安定した通信を確立する技術です。
この特性の検証にはこれまでよりも多くの地点で測定が必要になるなど、測定は非現実的なレベルにあり、シミュレーションによる検証が必須となってきます。
このような要請に適した CST の機能をご紹介いたします。
「5G機器の動作環境下での信頼性確保
 ~5G基地局のアレーアンテナに対する熱対策について~」
5Gのベースステーションでは、フィード線への電力集中や他に実装される電子機器の熱の影響がアンテナ特性に影響を与える可能性があります。 本講演では、CST Studio Suiteを使用した熱解析の一例をご紹介いたします。
「CISPR25に基づくEMIシミュレーション
 ~モーターインバーターとケーブルモデリングのTips~」
CISPR25に基づくEMIシミュレーションをテーマに、BOSCHで行われたモーターインバーターの伝導・放射エミッションの効率的なシミュレーション活用事例をご紹介いたします。 また、CISPR25の放射ノイズシミュレーションでポイントとなるHVケーブルのモデリングのTipsをご紹介いたします。
「解析をサポートするツールのご紹介
 ~モデル修正と最適化解析~」
本講演では、CST Studio Suiteと親和性の良いPowerDELTAとIsightの紹介を行います。
PowerDELTAは、モデルに問題があり解析が流れない場合に、モデル修正を簡単に行えるツールであり、 Isightは、他のDSの解析ソフトはもちろんのことCSTと連携し最適化設計やその結果考察を行えるツールです。
本講演では、CSTと関連の深い、これら2つのツールについてご紹介いたします。