RSim放射線解析ソフトウェア

RSim LOGO
RSimは、使いやすいGUIを備えた放射線モンテカルロシミュレーションソフトウェアです。 放射線の影響予測や遮蔽効果などに関するシミュレーションを簡単かつインタラクティブに行うことができます。
計算には世界中で幅広く利用されている放射線輸送ソフトウェアパッケージGeant4を使用しています。
RSim RSim
人体モデル
RSim
ICパッケージ
RSim
ソレノイドバルブ

特長

  • インタラクティブなGUIで設定や実行、結果表示が可能
  • 他のソフトウェアパッケージのインストールは不要
  • CAD フォーマットとCSG(Constructive Solid Geometry:空間領域構成法)をサポート
  • 700を超える大規模な材質データベース
  • GPS(General Particle Source)仕様の放射線源を完全に実装
  • ジオメトリや放射線源、シミュレーション結果を可視化
  • Linux、MacOS、およびWindowsで動作
RSim
ユーザー入力からGeant4入力への内部変換 * Geometry Description Markup Language

機能

ジオメトリ

材質

  • PyNEによる大規模な材質データベース
  • 原子比または質量比の指定による任意の複合材質や同位体の作成も可能

放射線源

物理量の記録(スコアリング/タリー)

シミュレーションの実行と出力

  • 直観的で柔軟なユーザーインターフェースRSimComposerよりGeant4を実行
  • Geant4の標準出力をログに表示
  • csvファイル形式で結果を取得
  • シミュレーション結果の3次元的な可視化
RSim
設定画面
RSim
計算結果表示画面

アプリケーション

  • 核医学
  • 原子力
  • 放射性廃棄物管理
  • 高エネルギー物理学
  • 宇宙科学
  • 放射線治療
  • 核融合
  • 加速器
  • 原子核物理学
  • エレクトロニクス

シミュレーション例

RSim RSim
陽子線治療
RSim
アルミニウム製円筒シールドによる遮蔽効果の計算

動作環境

ハードディスク空き容量

Windows:約2.0GB以上、Linux:約2.7GB以上。
シミュレーションを実行するのに十分な追加スペースがあること

ディスプレイ

1280x800ピクセルまたはXVGAの解像度以上

OS

・64-bit Windows 7, 8, 10
・64-bit Linux (glibc 2.11.3以降)
・Mac OS X(10.11-14)