Antenna Magus

Antenna Magusは、アンテナ設計のルーチン作業をコンパクトにまとめたアンテナ設計ツールです。 収蔵する膨大なデータから要求仕様に合うアンテナを選択し、パラメータ設計と近似的な性能評価を実行してモデルデータをエクスポートできます。 白紙から設計を起こすよりはるかに早く、簡単にアンテナモデルを作成することができます。 エクスポートしたモデルデータはそのままフルウェーブ電磁界シミュレーションに使用して、精度の高い電磁界データが速やかに得られます。

検索 設計 性能評価 エクスポート
検索設計性能評価エクスポート

Antenna Magus の特長

アンテナデータベース

アンテナデータベース

350種類を超えるアンテナとトランジションモデルを収蔵しています。
仕様またはキーワードを入力して、条件に適合するアンテナ候補を素早くピックアップできます。候補の比較検討も可能です。 各種アンテナの特徴、設計指針、出典元などの豊富な情報も付帯しています。

設計

設計

データベースから選択したアンテナに対し、動作周波数や入力インピーダンス、基板情報などの設計仕様に合うようにアンテナ形状の寸法を瞬時に設計します。 波長に対するスケーリングのような単純なアプローチに比べて遥かに優れた合成アルゴリズムを用いることによって、広範囲の仕様条件に対して適合するアンテナ設計機能を提供しています。

Antenna Magusは、設計されたアンテナの基本特性(入力インピーダンスやVSWR、ゲイン、軸比など)を高速に見積もる機能も搭載しています。

エクスポート

エクスポート

設計されたアンテナは、CST STUDIO SUITEで解析可能なプロジェクトファイルとしてエクスポートできます。 各種寸法など、主な条件はパラメータ化されており、給電の設定はもちろんのこと、メッシュ設定や適したソルバーの選択も適用されているので、CST STUDIO SUITEに取り込んだあとは、解析をスタートするだけで精度の高い結果を得ることが出来ます。

Antenna Magusのエクスポート機能により、アンテナ設計に費やす時間が増え、シミュレーションソフトウェアの習得にかかる時間が短縮されます。新しいコンセプトやデザインのアイデアを今までよりも早くテストすることができます。

Tools

Antenna Magusは単なるアンテナのデータベースではありません。 エンジニアの方がアンテナ設計を行う際に有用な各種機能を提供しております。 詳しくはこちらをご覧ください。

アレイ合成

アレイ合成

Antenna Magusのアレイツールは、励起分布や放射素子をアレンジしてさまざまなアンテナアレイを合成できます。 放射素子の指向性パターンを基に、ゲインやビーム幅などの仕様を満たすアレイレイアウトを設計することが可能です。 さらに、レイアウト情報はCST STUDIO SUITEへ受け渡して自動的にアレイを合成することもできます。

Antenna Magus 2022の新機能

新機能、拡張機能および改善

  • 検索モード機能が改善され、バウンディングボックスを指定できるようになりました。
    検索モード機能
  • Array LayoutにおいてOperatorの効果をプレビューで確認できるようにすることで、Array OperatorのUX(ユーザーエクスペリエンス)が大幅に改善されました。
    Array Layout

新しいアンテナ

  • Reflectarray with Square Patch Unit Cell
  • Planar Non-Uniform Meander Dipole Antenna
  • Planar Meander Dipole Antenna
設計

詳細につきましてはダッソー・システムズ社のAntenna Magus ニュースレターをご参照ください。

Antenna Magus 簡易版ライセンス(無料)

Antenna Magus Learning Edition はフリーダウンロードできる簡易版ライセンスです。
なお、簡易版ライセンスには使用期間と一部機能制限があります。
ダッソー・システムズ社のWEBサイトよりダウンロードいただけます。

Antenna Magus の動画

( 英語 )

Antenna Magus の概要を動画でご紹介します。

Antenna Magus は Simulia CST Studio Suiteと同じ窓口で販売しています。
ライセンスや機能、価格について、詳しくはAETにお問い合わせください。